生理不順と服用の飲み忘れについて

生理不順とは、女性の生理がなかなか順調にこないことを言います。

たとえば、生理が毎月1度であることが通常ですが、生理不順などの場合には、1度だけでなく2度生理がきてしまったり、もしくは次の月になっても、生理がこない状態であることを言います。

何かの極度のストレスや人間関係の悩みなどによって、このような生理不順になることがあります。

また、合わない薬などの場合には、このような生理不順となってしまうことがあります。

この生理不順をなおすために、薬などが処方されることがあります。

たとえば、婦人科などでこの状態を治すための漢方や薬が処方されることがあります。

その薬を飲み忘れてしまうと、なかなか改善がうまくされません。

薬については、婦人科の先生が、個人の体調を見た状態で、服用をすすめるのかどうかを決めます。

女性ホルモンと関係する事柄であるため、その人の体調などを見ながら服用をすすめるか、すすめないかを決めることがあります。

たとえば、女性ホルモンを出すピルなどは、飲み忘れてしまうと、かえって体調を悪くしてしまうことがあります。

もしくは、飲み忘れたからといって、次の時に2回分を飲んだり、服用をしてしまうと、それでも体調が悪化してしまうことがあります。

そのため、服用については、注意をはらわなければなりません。

注意として、飲み忘れた場合でも、次の時に2回分を飲まないでくださいとしている病院などもあります。

また、ピルケースなどで、きちんと管理が出来るようにと、指導をしている病院もあります。

服用については、水などできちんと飲むことが大事です。

上記のように、飲み忘れてしまった際には、婦人科の先生に相談することが大事です。