生理不順で使うピルの個人売買することのリスク

生理不順の時にピルを使って症状を改善することができます。ホルモンのバランスを整えるため調子が良くなります。
しかしもしピルを買うならきちんとしたところから買うようにしましょう。間違っても個人売買をしてはいけません。
ネットオークションではピルを販売するのを禁止していますし法律違反になるので一見個人売買はないように思われますが、友達に頼まれて個人輸入サイトから自分自身の名前で購入したピルを友達にあげてお金をもらうというのは個人売買と同じになります。
見つかると罰則の対象となるので避けてください。
また大量に自分の名義で購入したピルを他の人に売るのも個人売買となり違法です。
しかし個人売買のリスクは法律上の物だけではありません。
個人売買した医薬品は本物なのかどうかも分かりませんし、しかもきちんとリスクを把握して購入していないため後々体に問題が出てしまうこともあります。
生理不順を解消するためにピルを買ったつもりが逆に副作用で酷くなることもあるのです。
ですので買う場合には必ず生理不順でピルを処方してもらいたいと産婦人科に伝えて処方してもらうか、ネットで買う場合はしっかりと薬の説明を見てリスクも把握し自分の分だけ買うかにしてください。
個人で売買すると売った側に健康被害が出た場合にはそれについての刑事責任を問われる可能性もあるので危険なのです。
ピルは人によって合う合わないがありますので自分には副作用が無く問題が無くても友達も同じように問題が一切ないとは言い切れません。
もしもどうしてもと頼まれても絶対に請け負ってはいけません。特にネットの場合は未成年に販売することは禁止されています。未成年に転売するのは大人として問題のある行為です。